たたかう! くらしのおかね学 

あらゆるピンチが襲ってきても七転び八起き。かけだしFPならではの視点でお金のことをご紹介していきます!

早わかり!障害基礎年金・障害厚生年金

障害基礎年金をひとことでいうと?

 国民年金の被保険者が障がい者になった時に支給される年金のことです。

受給の条件は?

  • 初診日に国民年金の被保険者であること。または年金に加入していない期間(20歳未満、60~65歳)にあって、国内に住んでいる間に初診日があること。
  • 初診日前日において、前々月までの被保険者期間のうち「保険料納付済み期間+保険料免除期間」が3/2以上あること。あるいは初診日に65歳未満で前々月までの1年間に保険料の未納がないこと

老齢基礎年金を繰り上げ受給すると受給できないの?

  老齢基礎年金を繰り上げ受給すると65歳になったものとみなされて、障害認定を受けても原則として障害基礎年金は受給できません。

年金額は?

 2級 781700円+子の加算額

 1級 781700円×1.25倍+子の加算額

 子の加算額 第1子、第2子は224900円、第3子以降は75000円

障害厚生年金の障害等級が2、1級となったときは?

  障害基礎年金と障害厚生年金が併せて支給されます。また国民年金の保険料免除委の対象となります。障害等級が3級の場合は、障害厚生年金が支給されますが、障害基礎年金は支給されません。

障害厚生年金の受給の条件は?

  •   初診日に厚生年金の被保険者であること。
  •  初診日前日において、前々月までの被保険者期間のうち、「保険料納付済み期間+保険料免除期間」が3/2以上あること。あるいは初診日に65歳未満で前々月までの1年間に保険料の未納がないこと。

年金額は?

 3級 報酬比例部分と同額

 2級 報酬比例部分+配偶者の加給年金額

 1級 報酬比例部分×1.25倍+配偶者の加給年齢金額

障害手当金 障害の状態が3級よりも軽い場合、報酬比例部分の2倍の額が一時金として支給されます。

障害認定日に各障害等級に該当する必要があるの?

 基礎、厚生のどちらも障害認定日に各障害等級に該当していることが、年金の受給条件となっています。障害認定日とは、原則として、障害の原因となった傷病の初診日から起算して1年6カ月を経過した日のことをさします。1年6カ月以内に傷病が治った場合は、傷病が治って障害が残った日が躁病認定日になります。