たたかう! くらしのおかね学 

あらゆるピンチが襲ってきても七転び八起き。かけだしFPならではの視点でお金のことをご紹介していきます!

早わかり!遺族基礎年金・遺族厚生年金

遺族厚生年金をひとことでいうと?

 国民年金の被保険者が死亡した時に、子、もしくは子のある配偶者に配偶される年金です。

受給の条件は?

  • 国民年金の被保険者、または受給資格期間が25年以上の人が亡くなった時。ただし保険料納付済み期間が加入期間の3/2以上必要
  • 2026年4月1日前の死亡日に65歳未満の場合、死亡日の月の前々月までの1年間に保険料の滞納がなければ受給できる。

どんな人がもらえるの?

  子のある配偶者、または子(18才到達年度の末日までの子、もしくは20未満で障害等級1,2級該当者)が受給できます。年収850万円を超えた場合は受給できません。ただし、受給確定後に年収850万円を超えた場合は失権しません。

年金額は?

 781700円(満額の老齢基礎年金と同額)+子の加算額

 

 子の加算額(第1子、第2子は224900円、第3子以降は75000円)

寡婦年金とは?

  夫が死亡した60~65歳未満の妻に支給されます。支給期間は60歳から65歳になるまでです。

  • 10年以上婚姻関係(事実婚を含む)があること
  • 国民年金の第一号被保険者としての「納付済み期間+免除期間」が10年以上ある夫が年金を受け取らずに死亡した場合

死亡一時金とは?

 遺族基礎年金を受給できない遺族に支給されます。

 国民年金の第一号被保険者としての「納付済み期間+免除期間」が3年以上ある人が年金を受給せず亡くなった時、子のない妻などに支給されます。

 寡婦年金と、死亡一時金は併用して受給することはできません。

遺族厚生年金をひとことでいうと?

 厚生年金加入者が死亡した時、遺族に支給される年金で、遺族基礎年金に上乗せして受給できます。子のない配偶者は、遺族基礎年金が受給できませんが、遺族厚生年金は受給できます。

受給の条件は?

  • 老齢厚生年金の被保険者、または受給資格期間が25年以上の人が亡くなった時。ただし保険料納付済み期間が加入期間の3/2以上必要
  • 1,2級の障害厚生年金の受給者が死亡した時
  • 2026年4月1日前の死亡日に65歳未満の場合、死亡日の月の前々月までの1年間に保険料の滞納がなければ受給できます。

どんな人がもらえるの?

 死亡した人に生計を維持されていた人の中で以下の受給順位が高い人だけが受給できます。

①妻・夫・子②父母③孫④祖父母

30歳未満の子のない妻は5年間の有期給付となります。

年金額はいくら?

 老齢厚生年金報酬比例部分の4/3。

 被保険者期間の月数が300月に満たない場合は、300月として計算します。

中高齢寡婦加算

 夫の死亡時に子のない40~65歳未満の妻の遺族厚生年金に加算されます。年額は586300円です。

 ただし、夫の厚生年金の被保険者期間が原則20年以上ないと加算されません。